PR

サーバの物理的側面とネットワークセキュリティ対策について

2006年7月19日(水)
伊嶋 謙二

はじめに

今回は、サーバの形状や設置場所についてなどサーバの物理的側面およびネットワークセキュリティ対策の実施状況についてのデータを紹介し、それぞれどのようなものであったか解説していく。

調査プロフィール

本調査は、ノーク・リサーチ所有の企業データベースから抽出した全国の年商5億円以上500億円未満でIAサーバを導入した民間企業約4,000社 を対象に、2006年1月から3月までの期間で郵送アンケートおよびWebアンケートを実施し、その結果有効票931件を回収した。

伸びるラック型、ブレード型の浸透はこれから

サーバの導入状況をCPUタイプで分類すると、2006年では「1way」が59.1%、Dualコア(2006年から分割回答)が7.9%で、そ の2つを加えると67.0%となり、実質的に「1way」は昨年より増え、サーバの大勢を占めている。また「2way」は17.2%で昨年の23.7%か ら大きく割合を落としている(図1)。
 

CPUのタイプ
図1:CPUのタイプ

サーバの形状別に見ていくと、デスクの横に手軽に置くことのできる「タワー型」が62.7%と圧倒的に高く、先ほど述べた「1way」の割合の高さとシンクロしているといえよう。
 

サーバの形状
図2:サーバの形状


次いで小型で積み上げることができ、場所を取らない「ラック型」が33.3%だ。「ブレード型」は1.9%で、昨年の1.1%とほぼ同じであり、中堅・中小企業にはまだほとんど導入が進んでいないことがわかる。

また昨年71.7%あった「タワー型」が9ポイント下がり、代わりに25.0%だった「ラック型」が33.3%と8.3ポイント割合を伸ばしている。これは小型の「ラック型」のサーバに代替して、サーバのコンソリデーション(集約)を進めていると考えられる。

多くの企業において、現在使用しているサーバの導入当時に省スペースタイプのものが少なかったことや、効率性などを考慮する選択肢がなかったため、 タワー型のサーバを導入したという経緯がある。そして設置場所もサーバルーム以外の事務所などに分散したものが、現在ラック型サーバに替わっているという ことだ。

またIDC(データセンター)が代表的な例だが、ラック型はスケールアウトの需要にシンクロしており、今後さらに増加することは間違いない。

こういった傾向は調査結果からもあらわれており、導入した年別のサーバの形状をみると、2003年以前に導入したサーバは「タワー型」が66.9% と約7割に対して、2004年以降導入したサーバでは「タワー型」が54.8%に減少しており、逆に「ラック型」が40.5%と大きく割合を高めている。

一方、「ブレード型」は1.2%から3.1%と数字を高めているが、現状では絶対数が少なく、まだまだこれからといえるだろう。

有限会社ノーク・リサーチ

1956年生まれ。1982年、株式会社矢野経済研究所入社。パソコン、PC(IA)サーバ、オフコンなどを プラットフォームとするビジネスコンピュータフィールドのマーケティングリサーチを担当。とくに中堅・中小企業市場とミッドレンジコンピュータ市場に関す るリサーチおよび分析、ITユーザの実態を的確につかむエキスパートアナリスト/コンサルタントとして活躍。1998年に独立し、ノーク・リサーチ社を設 立。IT市場に特化したリサーチ、コンサルティングを展開すると同時に、業界各誌への執筆活動も積極的に行っている。
ホームページ:http://www.norkresearch.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています