PR

Spket IDEとは何か?

2007年9月3日(月)
独古 みのり

Spket IDEを知っていますか?

   最近ではXMLやJavaScriptを利用したリッチクライアント用言語が多数登場してきています。アプリケーション開発では欠かせない存在と なったXMLやJavaScriptのコーディングをする際に、皆さんはどんなエディタを使用していますか。実際のところ、それらの言語すべてを記憶して いて、通常のエディタで難なくコーディングができる方はあまりいないのではないかと思います。

   本記事では、そんな皆さんのコーディングをサポートするエディタ「Spket IDE」を紹介します。

Spket IDEとは

   Spket IDEはEclipse IDEをベースとして作られた高機能エディタで、XMLやJavaScriptのコーディングをサポートしてくれる優れものです。非商用であれば無償で利用可能です。

Spket IDEの画面
図1:Spket IDEの画面
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   このSpket IDEは下記にあげる機能が実装されています。

  • 予約語のハイライト
  • コード補完
  • アウトライン表示
  • コードチェック機能
  • クラス階層表示
  • ドラッグ&ドロップ機能
表1:Spket IDEに用意されている機能

   Spket IDEの特長で注目すべきところは「ドラッグ&ドロップ機能」と「クラス階層表示」でしょう。Spket IDEの画面右側に用意されているSnipettsというメニューからコーディングしたいものを選択してエディタ上にドラッグ&ドロップすると、自動的に スケルトンがコーディングしてくれるのです。

   またcanvasタグの上にカーソルを置いて、Ctrl+Tを押すと図2のようなクラス階層図が表示されます。

クラス階層表示
図2:クラス階層表示

   他にもSpket IDEには様々な機能が用意されているほか、下記の言語をサポートしています。

  • JavaScript
  • XUL/XBL
  • SVG
  • OpenLaszlo
  • Silverlight
  • Yahoo! Widget
表2:Spket IDEがサポートしている言語

   それぞれに関する使用方法の詳細はSpket IDEのWebサイトで解説されています。英語のWebサイトですが、画像や動画を使った解説があるので、ぜひご覧ください。

Spket IDEのWebサイト
http://www.spket.com/

1999年から主にStrutsを用いたWebアプリケーション開発に従事。
現在は海外で自然に囲まれながら生活し、株式会社ネットエイトの在宅プログラマとして働いている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています