PR

半日で業務アプリケーションが開発できる!(後編)

2007年9月7日(金)
米澤 千賀子

データキャッシュ用のコンポーネントを配置する

   これでマスター側のデータをキャッシュする設定が完了しました。同様に詳細のSALESテーブル側のデータをキャッシュするために、ツールパレット 上のTDatasetProvider(DataSetProvier2)、TClientDataset(ClientDataSet2)、 TDataSource(DataSource3)コンポーネントをそれぞれダブルクリックし、フォーム上に貼り付けます(図5)。


データキャッシュ用のコンポーネントの配置(SALES用)
図5:データキャッシュ用のコンポーネントの配置(SALES用)
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

コンポーネントのDataSourceプロパティを詳細テーブルに設定する

   マスターのCUSTOMERテーブルの関連付けと同様に、オブジェクトインスペクタ上で、 TDataSetProvider(DataSetProvier2)コンポーネントのDataSourceプロパティを詳細テーブルのSALESに、 TClientDataSet(ClientDataSet2)コンポーネントのProviderNameプロパティをDataSetProvider2 に、TDataSource(DataSource3)コンポーネントのDataSetプロパティをClientDataSet2に、それぞれ設定しま す。

関連付けられたTClientDataSetを設定する

   この状態だとキャッシュデータがマスターのテーブルのキャッシュデータとリンクされていないため、オブジェクトインスペクタ上でSALESテーブル に関連付けられたTClientDataSet(ClientDataSet2)コンポーネントのMasterSourceプロパティにマスターのテーブ ルが関連付けられているDataSource2を設定します。

「リンク項目の設計」ダイアログを表示させる

   さらに関連付けのためのキーの設定を行うために、TClientDataSet(ClientDataSet2)コンポーネントのMaterFieldsプロパティの「…」ボタンを押し、「リンク項目の設計」ダイアログを表示させます(図6)。

リンク項目の設計
図6:リンク項目の設計
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

キャッシュされたデータ同士の関連付けを行う

   「リンク項目の設計」ダイアログ上で、リンクするための項目である「CUST_NO」を双方のリストから選択し、「追加」ボタンを押します。この設 定結果がMasterFieldsとIndexFieldNamesの2つのプロパティに反映され、キャッシュされたデータ同士の関連付けが行われます (図7)。

リンク項目の定義
図7:リンク項目の定義
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)
CodeGear

セールスエンジニア
Delphi、InterBaseをはじめとするCodeGearの開発ツール製品を担当。エンタープライズ分野でのツール適用での技術バックアップを 行っているほか、製品のローカライズQAとしても活躍している。CodeGearのサポートナレッジベース日本語版 (http://support.codegar.com/jp )の作成を手がける。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています