PR

半日で業務アプリケーションが開発できる!(後編)

2007年9月7日(金)
米澤 千賀子

開発ステップ4:ユーザインターフェースの設計

   では、最後にユーザインターフェースを設計します。まず表示のためのコンポーネントをフォーム上に配置しましょう。

フォーム上にコンポーネントを置いてユーザインターフェースの設計を行う

   ツールパレット上のTDBGrid、TDBNavigator、TDBEditコンポーネントをダブルクリックし、フォーム上にコンポーネントを置き、マウスを使って適切なレイアウトに変更します(図8)。

ユーザインターフェースの設計
図8:ユーザインターフェースの設計
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

DataFieldプロパティに表示するフィールを設定する

   まずTDBEditコンポーネント上にCUSTOMERテーブルのCUSTOMERフィールドの値を表示させます。ではオブジェクトインスペクタ上 でTDBEditコンポーネントのDataSourceプロパティに、CUSTOMERテーブルに関連付けられたDataSource2を設定し、 DataFieldプロパティに表示するフィールドであるCUSTOMERを設定します(図9)。

DBEditのプロパティ設定
図9:DBEditのプロパティ設定

マスターのテーブルであるCUSTOMERを関連付ける

   データセットを制御するためのTDBNavigatorコンポーネントを、マスターのテーブルであるCUSTOMERと関連付けます。またオブジェ クトインスペクタ上で、TDBNavigatorコンポーネントのDataSourceプロパティにCUSTOMERテーブルに関連付けられた DataSource2を設定します(図10)。

DBNavigatorのプロパティ設定
図10:DBNavigatorのプロパティ設定

DBGridのプロパティを設定する

   詳細のテーブルSALESのデータをTDBGrid上に表示するために、TDBGridコンポーネントのDataSourceプロパティにSALESテーブルに関連付けられたDataSource3を設定します(図11)。

DBGridのプロパティ設定
図11:DBGridのプロパティ設定

データの読み込みを行うためのプロパティ設定

   最後に、データの読み込みを行うためのプロパティを設定します。これはTClientDataSetのActiveプロパティをTrueに設定する ことにより、関連付けられたテーブルをOpenしてデータを読み込みます。CUSTOMERテーブルに関連付けられた TClientDataSet(ClientDataSet1)コンポーネントのActiveプロパティをTrueに、SALESテーブルに関連付けられ たTClientDataSet(ClientDataSet2)コンポーネントのActiveプロパティをTrueにそれぞれ設定します。

   ActiveプロパティをTrueにすると、関連付けられたTDBEdit、TDBGrid上にデータが表示されます(図12)。

ライブデータの表示
図12:ライブデータの表示
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   このように開発中の設計画面で実際のデータを確認できるのは、Delphiの特徴的な機能の大きな1つです。実際のデータを確認して画面設計を行えるので、開発効率も高まることでしょう。

CodeGear

セールスエンジニア
Delphi、InterBaseをはじめとするCodeGearの開発ツール製品を担当。エンタープライズ分野でのツール適用での技術バックアップを 行っているほか、製品のローカライズQAとしても活躍している。CodeGearのサポートナレッジベース日本語版 (http://support.codegar.com/jp )の作成を手がける。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています