PR

全文検索機能を試すサンプルを作成しよう!

2007年11月20日(火)
関口 宏司

HibernateUtilクラス

次に、HibernateのSessionオブジェクトを取得するためのユーティリティを作成する。Hibernate Coreのドキュメントで紹介されているHibernateUtilをコピーしてきて、Hibernate Searchで利用できるように修正を入れる。

この修正により、RDBへの更新とLuceneの検索インデックスへの更新が同期して行われるようになる。


HibernateUtilクラス、起動コマンド
図2:HibernateUtilクラス、起動コマンド

Mainクラス

最後にEmployeeオブジェクトを登録/更新/検索するMainクラスを作成する。このクラスにはプログラムのmain()メソッドも持たせることとし、プログラムは図のコマンド入力で起動できる仕様とする。

Main起動時には「insert」「update」または「query」を引数として与え、それぞれ「データの登録」「タグ情報の更新」および「社員の検索」を実行できるようにする。なお実行を簡単にするために、登録・更新する社員データとタグデータはプログラム中にString配列で埋め込むこととし、タグ情報は乱数によって決定する。そして検索の場合は、String配列で持つすべてのタグ情報をforループですべて検索する。

次に、社員の検索を行うソースコードについて解説する。

株式会社ロンウイット

代表取締役社長
数社のITベンダー勤務を経て、2006年5月にロンウイット社を設立。オープンソースの全文検索エンジンLuceneとSolrを企業システムに導入する支援事業を展開している。「Apache Lucene入門」(技術評論社)はじめ著書多数。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています