PR

SQLを記述しない「Torque」

2006年8月9日(水)
山之内 弘行

はじめに


   皆さん、こんにちは。本連載を担当しているビーブレイクシステムズの山之内です。

   第2〜3回では、SQL文をマッピング・ファイルに定義する形式のO/Rマッピングツール「iBATIS」について解説してきました。今回は、SQL文を使用しない形式のO/Rマッピングツール「Torque」について、実際にサンプルを作成しながら解説していきます。


Torqueとは?


   TorqueはSQL文を使用しないタイプのO/Rマッピングツールで、RDBにオブジェクトとしてアクセスする機能を提供します。特徴的なのは、Active Recordパターン(エンティティがO/Rマッピングツールの基底クラスを継承する)に基づいている点です。

   元々、TorqueはJakartaプロジェクトのTurbineのフレームワークの一部として開発されていましたが、現在はTurbineと切り離れてApache DBプロジェクトに移動し、単独で利用できるようになりました。2006年7月現在でリリースされているバージョンは3.2です。

   また、Torqueはバージョン3.1からGeneratorとRuntimeのモジュールが分割されています。Generatorは開発環境にあたるもので、これを使ってソースファイルなどの生成を行います。もう一方のRuntimeは実行環境にあたるもので、Generatorで作成したクラスを実行する時に使用します。

Torqueの流れ
図1:Torqueの流れ

   では以降より、実際にTorqueに触れてみます。


Torqueのダウンロード


   Torqueを利用するために、まずはTorqueのWebサイトからTorque 3.2 GeneratorとTorque 3.2 Runtimeをダウンロードしてきてください。

Apache DB Project Torque
http://db.apache.org/torque/

Torqueダウンロードサイト
図2:Torqueダウンロードサイト
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   ダウンロードしてきたファイルは適当な場所へ展開してください。

株式会社ビーブレイクシステムズ Javaスペシャリスト
前職ではJavaを用いたシステム開発をメインに作業を行う。更なるキャリアアップを目指し、実力次第で上流工程に携われるビーブレイクシステムズに転職。現在はJavaアーキテクトとして活躍中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています