PR

多機能なHibernate(後編)

2006年8月28日(月)
山之内 弘行

はじめに


   前回から、O/Rマッピングツールとしては多機能である「Hibernate」について解説しています。引き続き、設定を行い、サンプルを実際に動かしてみます。


「Hibernate Reverse Engineering file」ファイルの作成


   「Hibernate Console Configuration」ファイルが作成できたら、次は「Hibernate Reverse Engineering file」ファイルを作成します。

   まずは「ファイル → 新規 → その他 → Hibernate Reverse Engineering file」を選択し、「次へ」ボタンを押します。

新規作成ウィザード選択画面(Hibernate Reverse Engineering file)
図1:新規作成ウィザード選択画面(Hibernate Reverse Engineering file)

   対象のプロジェクトを選択し、ファイルの保存場所とファイル名を設定して「次へ」ボタンを押します。

Reverse Engineeringファイル作成画面1
図2:Reverse Engineeringファイル作成画面1

   保存先の設定が終わると図3のような画面になりますので、「Console configuration」欄に先に設定したConsole名を設定して「Refresh」ボタンを押します。すると「Database schema」欄にテーブル名が表示されますので、そこから対象のテーブルを選択して「Include」ボタンを押します。設定が終わったら「終了」ボタンを押します。

Reverse Engineeringファイル作成画面2
図3:Reverse Engineeringファイル作成画面2

   「終了」ボタンを押すと、先に指定した保存場所に「Hibernate Reverse Engineering file」が作成されます。

   「Hibernate Reverse Engineering file」が作成されているのを確認したら、「実行 → Hibernate Code Generation → Hibernate Code Generation」を選択します。すると、図4の画面が表示されます。

Hibernate ファイル生成画面(main)
図4:Hibernate ファイル生成画面(main)

株式会社ビーブレイクシステムズ Javaスペシャリスト
前職ではJavaを用いたシステム開発をメインに作業を行う。更なるキャリアアップを目指し、実力次第で上流工程に携われるビーブレイクシステムズに転職。現在はJavaアーキテクトとして活躍中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています