TOPプロジェクト管理> はじめに




開発ライフサイクルとVisual Studio 2005という選択肢
開発ライフサイクルとVisual Studio 2005という選択肢

第3回:Visual Studio 2005による開発とテスト環境
著者:日本ユニシス  鈴木 貴史   2005/11/15
1   2  3  4  次のページ
はじめに

   第1回では一般的な開発ライフサイクルについて、第2回ではVisual Studio Team Edition for Software Architects(以下VSTE for SA)の開発ライフサイクルへの有効性について解説してきました。

   第3回の今回はVisual Studio Team Edition for Software Developers(以下VSTE for SD)およびVisual Studio Team Edition for Software Testers(以下VSTE for ST)を取り上げ、新しく拡張された機能とそれらの開発ライフサイクルへの適用に焦点をあてて解説していきます。


VSTE for SDとVSTE for STの機能

   それではVisual Studio 2005(以下VS2005)Team SystemにおけるVSTE for SDとVSTE for STの機能について解説します。

VS2005 Team System
図1:VS2005 Team System
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   まず機能範囲ですが、図1の青色の線で囲まれた部分がVSTE for SDの範囲です。名前の通りVSTE for SDは開発(コーディング)を中心とした構成になっています。

   黄色の線で囲まれた部分がVSTE for STの範囲です。VSTE for STはテスト(単体テストというよりは統合テスト・シナリオテスト・システムテスト)を中心とした構成になっています。

   そして赤色の線の範囲がTeam Editionの新機能になります。


VSTE for SD

   VSTE for SDは、開発者がアプリケーションの詳細設計・実装・単体テストを行う製品になります。開発ツールという観点ではVisual Studio .NET 2003も非常に優れた開発環境でした。今回、その製品自体がVisual Studio 2005へとバージョンアップするのと同時に、VSTE for SDではさらに堅牢で信頼性の高いアプリケーション開発を可能とするために、また開発ライフサイクルをスムースに行うために、分析ツールや単体テストツールなどの機能が統合されています。


VSTE for ST

   VSTE for STは、テスト担当者がシステムの品質を保証するための様々なテストを支援する製品です。機能要件のテストとしてはシナリオの作成・管理、非機能要件のテストとしてはアプリケーションの負荷テストが可能です。またテスト管理機能もあり、外部テストツールなども管理対象とすることができます。さらに単体テストとコードカバレッジ分析機能は、VSTE for SDだけでなくVSTE for STもサポートしています。

   それでは新しく拡張された機能を見ていきましょう。


静的コード分析

   静的コード分析とは、コーディングがコーディングルール・デザインルールに則っているかを分析する機能です。VSTE for SDには、ネイティブコード用の「PREfast」とマネージコード用の「FxCop」の静的コード分析ツールが用意されています。

   「PREfast」はCまたはC++で書かれたコードの欠陥を検出するツールです。メモリの未初期化、nullポインタの逆参照、メモリやリソースのリーク、バッファオーバーランの要因となる固定長バッファなどを検出してくれます。

   「FxCop」はマイクロソフトが公開している「クラスライブラリ開発者向けのデザインガイドライン」に違反している部分を検出するツールです。結果はおなじみの「エラー一覧」のダイアログで確認できますので、開発者はビルドエラーの対処と同様に処理することが可能です(図2)。

エラー一覧
図2:エラー一覧
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

1   2  3  4  次のページ


日本ユニシス株式会社 鈴木 貴史
著者プロフィール
日本ユニシス株式会社  鈴木 貴史
.NETテクノロジコンサルティング所属
日本ユニシスグループの.NET技術主管のメンバーとして、Windows/.NET Framework周りの利用技術の開発から弊社受託開発案件のアーキテクト、時には営業支援、そして今回は執筆を行っています・・・


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第3回:Visual Studio 2005による開発とテスト環境
はじめに
  コードプロファイラ
  VSTE for SDとVSTE for STとLUCINA for .NET
  テスト成果物の信頼性、充足度
開発ライフサイクルとVisual Studio 2005という選択肢
第1回 開発ライフサイクルが生むメリット
第2回 アーキテクチャ策定における有効性を探る
第3回 Visual Studio 2005による開発とテスト環境
第4回 チーム開発とVisual Studio 2005 Team Foundation Server
Visual Studio 2005を活用した、テスト駆動開発とソフトウェア品質向上アプローチ
第1回 テストは開発者から利用者の視点へ
第2回 Visual Studio 2005で進めるテスト駆動開発
第3回 Visual Studio 2005 Team Systemで補うテスト駆動開発
第4回 チーム開発における品質向上策とVisual Studio 2005
チーム開発ここまできた、個人からチームの生産性向上へ
第1回 Visual Studio 2005によるプロジェクトの進捗管理
第2回 Visual Studio 2005の変更管理の有効性
第3回 成果物の管理とプロジェクトのコミュニケーション向上
第4回 自動ビルドによるプログラムの品質・保守の有効性