TOP設計・移行・活用> はじめに




Eclipse TPTP
Eclipseでテストとパフォーマンス検証

第3回:アプリケーションのプロファイリングを行う
著者:ビーブレイクシステムズ  益原 祐介   2005/10/24
1   2  3  4  次のページ
はじめに

   皆さん、こんにちは。ビーブレイクシステムズの益原です。

   今回と次回の2回に渡り、Eclipse Test and Performance Tools Platform(Eclipse TPTP)を使用したアプリケーションのプロファイリングについて解説します。

   アプリケーションのプロファイリングとは、メモリやCPUの状態などとアプリケーションの様々な統計情報を収集して、その品質向上に役立てることです。Eclipse TPTPにはプロファイリングを行うためのツールが様々用意されており、簡単な操作でそれらのツールを使用することが可能です。

   今回はEclipse TPTPを使用したプロファイリングの流れ、プロファイリング対象のサンプル・アプリケーションの作成、プロファイリングする際の様々な設定、そしてプロファイリングの実行について見ていきます。個々のプロファイリング結果については次回で解説します。

   なお、プロファイリングを行うにはエージェント・コントローラがインストール・起動されている必要があります。エージェント・コントローラのインストールに関しましては、本連載の第1回「Eclipse TPTPのインストール」で解説しておりますので、そちらを参考にインストールしてください。


プロファイリングの流れ

   はじめに、Eclipse TPTPでのプロファイリングの流れを図1と表1に示します。

プロファイリングの流れ
図1:プロファイリングの流れ

  1. プロファイラ・エージェントがJVMPI(Java Virtual Machine Profiler Interface)経由でアプリケーションの統計情報を収集します
  2. プロファイラを経由して、Eclipse TPTPがエージェント・コントローラに接続します
  3. エージェント・コントローラがプロファイラ・エージェントに対してデータの取得を要求します
  4. プロファイラ・エージェントが要求に応じて収集した統計情報をエージェント・コントローラに引きわたします
  5. Eclipse TPTP側でエージェント・コントローラ経由で取得した統計情報を加工して表示します

表1:プロファイリングの流れの解説

   それでは表1の番号にそって解説していきます。

1   2  3  4  次のページ


株式会社ビーブレイクシステムズ 益原 祐介
著者プロフィール
株式会社ビーブレイクシステムズ  益原 祐介
Javaスペシャリスト
九州大学文学部卒業。在学中は考古学の研究、遺跡の発掘作業を行う。その後、情報システムに興味を持ちビーブレイクシステムズに入社。徹底した社内教育によりJavaエンジニアとなる。現在は社内技術レポートの執筆や技術雑誌への寄稿を行い、社内の技術力の向上に貢献。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第3回:アプリケーションのプロファイリングを行う
はじめに
  サンプル・アプリケーションの作成
  プロファイリングの設定と実行
  プロファイリングの実行
Eclipseでテストとパフォーマンス検証
第1回 Eclipse TPTPのインストール
第2回 Eclipse TPTPでJUnitテスト
第3回 アプリケーションのプロファイリングを行う
第4回 プロファイリングの詳細を見る
第5回 Eclipse TPTPでログの分析をする
第6回 ログファイルのパーサを作成する