TOP設計・移行・活用> はじめに




Eclipse TPTP
Eclipseでテストとパフォーマンス検証

第6回:ログファイルのパーサを作成する
著者:ビーブレイクシステムズ  益原 祐介   2005/11/14
1   2  3  4  次のページ
はじめに

   皆さん、こんにちは。ビーブレイクシステムズの益原です。最終回の今回は実際にログファイルのパーサを作成する過程を解説します。

   今回はJMS(Java Message Service)のメッセージの送受信を記録したログを解析します。JMSを利用するとアプリケーション間でメッセージの交換が容易に行えますが、ログが分散してしまうためにデバッグが困難になります。解析する前に、実際のログの一部を見ます。
(以上省略)
---------Receive----------
Header{
     jmsDestination   : DataRequest
     jmsDeliveryMode  : 2
     jmsExpiration    : 0
     jmsPriority      : 4
     jmsMessageID     : ID:jmsMessageID-35012-1128504245908-42:5662
     jmsTimeStamp     : 1128844586863
     jmsCorrelationID : null
     jmsReplyTo       : null
     jmsType          : DATA_REQUEST
     jmsRedeliverred  : false
     jmsProperties    :
          DATA_TYPE:DATA_JFQUERY
          PROP_COMPONENT_NAME:JobManager
          DOMAIN:default
}
Body {
[class ***]
select * from job_table
}
(以下省略)
   このログファイルの構成は以下の通りです。

  • 各レコードは"yyyy-MM-dd HH:mm:ss,SSS"の形式のタイムスタンプではじまる
  • 送信、受信のレコードのみを変換対象とする
  • 対象レコードはHeaderとBodyから構成される

表1:ログファイルの構成

   このログファイルを共通基本イベントに変換してログ・ビューで表示するためには、パーサをプラグインとして作成する必要があり、その手順は表2になります。

  1. プラグイン・プロジェクトの作成
  2. アダプタ構成ファイルの作成
  3. プラグイン・マニフェスト・ファイルの編集作業

表2:ログを表示させるパーサの作成手順

   それでは、表2の流れにそってパーサの作成について解説していきます。


プラグイン・プロジェクトの作成

   まずは「File → New → Other... → Plug-in Development → Plug-in Project → Next>」をクリックして、プラグイン・プロジェクトを作成します。

   作成した「New Plug-in Project」の「Project name」に任意の名前を指定します。今回は名前に"JMSMessageLogParser"と指定します。「Project contents」の「Use default」と「Project Settings」の「Create a Java project」と「Plug-in Format」の「Create an OSGi bundle manifest」チェックボックスをすべてオンにして「Next>」をクリックします。

   「Plug-in Content」画面で「Plug-in Class」の「This plug-in will make contributions to the UI」のチェックボックスをオフにします。「Plug-in Properties」の各項目には任意の値を指定して「Finish」をクリックします。以上で、プラグイン・プロジェクトの作成は終了です。

1   2  3  4  次のページ


株式会社ビーブレイクシステムズ 益原 祐介
著者プロフィール
株式会社ビーブレイクシステムズ  益原 祐介
Javaスペシャリスト
九州大学文学部卒業。在学中は考古学の研究、遺跡の発掘作業を行う。その後、情報システムに興味を持ちビーブレイクシステムズに入社。徹底した社内教育によりJavaエンジニアとなる。現在は社内技術レポートの執筆や技術雑誌への寄稿を行い、社内の技術力の向上に貢献。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第6回:ログファイルのパーサを作成する
はじめに
  アダプタ構成ファイルの作成
  プラグイン・マニフェスト・ファイルの編集
  ログファイルを使用してパーサのテストを行う
Eclipseでテストとパフォーマンス検証
第1回 Eclipse TPTPのインストール
第2回 Eclipse TPTPでJUnitテスト
第3回 アプリケーションのプロファイリングを行う
第4回 プロファイリングの詳細を見る
第5回 Eclipse TPTPでログの分析をする
第6回 ログファイルのパーサを作成する