PR

教科書的ではなく、現場にあったデータベース設計のコツ

2006年4月24日(月)
梅田 弘之(うめだ ひろゆき)

データベース設計で迷いやすい点


   前回はデータベース設計をする際に誰もがぶつかる問題である、「列名に日本語を使うか?」「どのデータ型を使うか?」ということをテーマに取りあげました。今回も引き続き、データベース設計をする際に迷いやすい点をいくつか取りあげてみようと思います。


階層構造のテーブル設計の注意点


   今回は前回と同様、SQL Serverのサンプルデータベース「Northwind」を元にして、データベース設計で迷いやすい点について考えてみましょう。図1は「Northwind」をER図にリバースした中から、エンティティ「商品」「商品カテゴリ」をサブウィンドウで表示したものです。

Northwindの「商品」と「商品カテゴリ」エンティティ
図1:Northwindの「商品」と「商品カテゴリ」エンティティ

   図1のように商品を分類するためにカテゴリコードをつけるエンティティ構造はよくあります。しかし実際の販売管理システムにおいては、このようなフラットなカテゴリ構造は不便です。なぜかというと、一般に商品カテゴリなどは表1のように階層構造で分類する必要があるからです。

01 ハードウェア
         011 パソコン
               0111 本体
               0112 モニタ
         012 プリンタ
               0121 本体
               0122 トナー

02 ソフトウェア
         021 OS
               0211 Windows 2000
               0212 Linux
         022 RDBMS
               0221 Oracle
               0222 SQL Server

表1:階層構造を持った商品カテゴリ


階層構造(親番号方式)


   図2は表1のような階層構造に対応した商品カテゴリの典型的な例です。「親カテゴリ番号」というアトリビュートを追加し、自分の親はどれかという関連情報を持たせています。このような自分の親がわかるエンティティ構造にした場合、表1のパソコン関係の商品カテゴリは表2のようなデータとなります。

階層構造を持った商品カテゴリ(親番号方式)
図2:階層構造を持った商品カテゴリ(親番号方式)

カテゴリ番号 親カテゴリ番号 カテゴリ名
01   ハードウェア
011 01 パソコン
0111 011 本体
0112 011 モニタ

表2:階層構造を持った商品カテゴリ(親番号方式)のデータ

   表2のような親番号指定方式は、よく使われる方法です。しかしパフォーマンス面で難点があるため、カテゴリ数や階層が多い場合にはお勧めできません。なぜなら、カテゴリ数が増えてしまうと検索方式が再帰型になってしまうからです。

   例えば、表2において「パソコン(カテゴリ番号 011)関連の商品の売上合計を求める」必要があったとします。この場合、対象となるカテゴリは自分の祖先(親、親の親、親の親の親…)に「011 パソコン」が含まれるものになります。図2で考えると、「011 パソコン」配下のカテゴリがすべて対象になるので、「0111 本体」や「0112 モニタ」にひも付く商品の売上がすべて集計されることになります。

   図2のように自分の親だけしかひも付き情報を持っていない場合は、再帰型で祖先に「011 パソコン」が存在するかどうかを探す必要があります。表2程度の階層の深さならよいのですが、階層が深い場合は検索速度が極端に遅くなってしまいます。

著者
梅田 弘之(うめだ ひろゆき)
株式会社システムインテグレータ

東芝、SCSKを経て1995年に株式会社システムインテグレータを設立し、現在、代表取締役社長。2006年東証マザーズ、2014年東証第一部上場。

前職で日本最初のERP「ProActive」を作った後に独立し、日本初のECパッケージ「SI Web Shopping」や開発支援ツール「SI Object Browser」を開発・リリース。日本初のWebベースのERP「GRANDIT」をコンソーシアム方式で開発し、統合型プロジェクト管理システム「SI Object Browser PM」、アプリケーション設計のCADツール「SI Object Browser Designer」など、独創的なアイデアの製品を次々とリリース。最近は、AIを利用したサービスに取り組んでいる。

主な著書に「Oracle8入門」シリーズや「SQL Server7.0徹底入門」、「実践SQL」などのRDBMS系、「グラス片手にデータベース設計入門」シリーズや「パッケージから学ぶ4大分野の業務知識」などの業務知識系、「実践!プロジェクト管理入門」シリーズ、「統合型プロジェクト管理のススメ」などのプロジェクト管理系、最近ではThink ITの連載をまとめた「これからのSIerの話をしよう」「エンジニアなら知っておきたいAIのキホン」を刊行。

「日本のITの近代化」と「日本のITを世界に」の2つのテーマをライフワークに掲げている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています