PR

SMB市場におけるSCMの導入実態

2006年1月30日(月)
伊嶋 謙二

はじめに

中堅・中小企業(以下、SMB)は、導入しやすくて比較的早く効果が見えるようなITシステムの導入に積極的である。逆に今回紹介するような SCM(Supply Chain Management)といった、経営全般の見直しをはかり、売上拡大に繋げるといった企業戦略的なIT導入には消極的である。

多少、拡大解釈かも知れないが、次のようにSCMというソリューションの構成要素は多種多様である。

  • SCP(Supply Chain Planning:時系列データに基づく需要予測)
  • 物流管理
  • 倉庫管理
  • 在庫管理
  • 店舗の実績データ管理を行うPOS(Point Of Sales)システム
  • 資材管理(EDI:Electronic Data Interchangeなども含める)
  • 購買管理
表1:SCMを構成する要素


SMBはその企業規模から、自社が大企業をはじめとしたグループのサプライチェーンを構成する1要素となりがちである。またSCMの定義が複雑で曖 昧なため、SCMに対するイメージが漠然としているSMBユーザは多いのではないだろうか。自社で行っている事業が、結果的に「SCM的」なものになった という話もある。

第1回「SMB市場におけるITシステムの導入実態総論」 において、SCMのポイントは「工程管理の上でのコスト削減と在庫の減少を実現し、ERP(Enterprise Resource Planning)やCRM(Customer Relationship Management)と連携して、『計画 → 調達 → 生産 → 販売 → 物流 → 保守/品質向上』といった一連の業務サイクルを無駄なく効率的に形成すること」と、SCMの定義をコンパクトにまとめた。

今回はサプライチェーンの最適化を実現する上で、上記をコンパクトにまとめたSCMの定義に従い、SMBにおける導入率と今後の展望を紹介していきたい。

SMB向けSCMマーケットの現状の概観

「SMBはサプライチェーンの全体最適化を見直す必要性がないのか」「SMBにとってSCMソリューションは本当に必要なのか」そういわざるを得ないほど、SMB向けにSCMソリューションを提供するプレイヤーの姿が見当たらないのが現状だ。

ノーク・リサーチがSMB向けにSCMソリューションを提供するベンダーにヒアリングをしたところ、余りの商談の少なさに意気消沈していたところも あった。実際にSCMソリューションを提供するベンダーは大手外資系がメインであり、SMBにとって到底手の届かないような大企業向けの価格を設定してい る。こうしたSMB向けSCMマーケットの元気のなさをデータから考察していく。

有限会社ノーク・リサーチ

1956年生まれ。1982年、株式会社矢野経済研究所入社。パソコン、PC(IA)サーバ、オフコンなどを プラットフォームとするビジネスコンピュータフィールドのマーケティングリサーチを担当。とくに中堅・中小企業市場とミッドレンジコンピュータ市場に関す るリサーチおよび分析、ITユーザの実態を的確につかむエキスパートアナリスト/コンサルタントとして活躍。1998年に独立し、ノーク・リサーチ社を設 立。IT市場に特化したリサーチ、コンサルティングを展開すると同時に、業界各誌への執筆活動も積極的に行っている。
ホームページ:http://www.norkresearch.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています