PR

さくらインターネット、国内向けWebコンテンツ配信ができる「ウェブアクセラレータ」のベータテストを実施、10月に正式提供

2016年7月30日(土)

さくらインターネットは7月28日、国内向けWebコンテンツ配信ができる「ウェブアクセラレータ」を開発し、さくらのクラウドの新オプションサービスとしてリリースした。「ウェブアクセラレータ」は、オープンβテストとして7月28日から9月30日まで無償で提供され、10月1日に正式サービス開始される。

「ウェブアクセラレータ」は、国内向けWebコンテンツ配信サービス。オリジンサーバの内容をキャッシュ配信し、Webサイトのアクセス集中による表示速度の低下やサーバーダウンを防ぐ。キャッシュファイルサイズ制限は1ファイルあたり200MiB、最大キャッシュ保持期間は7日。HTTP・HTTPS のほか、HTTP/2にも対応し、さらなる高速配信が実現できる。配信可能コンテンツに制限はない。

同サービスは、さくらのクラウドのコントロールパネルから登録することで利用できるようになるため、利用開始はスムーズに行うことができる。このため、テレビ番組や有名サイトで紹介されたり、キャンペーン告知などにより突発的にWebサイトへのアクセスが増加した場合でも迅速に対応可能。

利用料金は、オープンβテスト期間中は無料。正式サービスはデータ転送量による従量課金を予定している。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
サービスサイト

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック