PR

TIS、「Zabbix」活用のOSS「AWSサービス監視用テンプレート」の拡張開発サービスと保守サポートサービスを提供開始

2016年8月29日(月)

TIS株式会社は8月26日、オープンソースの統合監視ツール「Zabbix」を活用した自社開発のOSS「Amazon Web Service(AWS)監視テンプレート」の拡張開発サービスと保守サポートサービスを提供開始することを発表した。「AWS監視テンプレート」は、Apache License 2.0の下で公開されている。

「AWS監視テンプレート」は、AWSの監視サービスである「Amazon CloudWatch」のデータやAWSの各種サービスで発生するイベント情報を「Zabbix」で統合監視できるOSS公開版テンプレート。「AWS監視テンプレート」は、通常の「Zabbix」での監視に加え、AWSのサービス監視も統合的な管理が可能なため、クラウドとオンプレミスが複合したハイブリッド環境でのAWS利用システムの稼働状況を、多方面の視点から監視できる。拡張開発サービスでは、この「AWS監視テンプレート」をベースに、ユーザ独自の要件にあわせたカスタマイズをTISが行う。保守サポートサービスでは、テンプレートの利用方法や仕様についての問い合わせや動作異常時の調査、修正版開発などを提供する。

拡張開発サービスの価格は開発内容に応じて価格が変動する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
AWS監視テンプレート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック