PR

ミラクル・リナックス、「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 SP1」に対応した高可用性クラスタソフト「MIRACLE CLUSTERPRO X 3.3」を発表

2016年11月20日(日)

ミラクル・リナックスは11月16日(現地時間)、最新Linux OS「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 SP1」に対応した高可用性クラスタソフトウェア「MIRACLE CLUSTERPRO X 3.3」を販売開始すると発表した。また、シングルサーバの可用性向上を実現する「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 HA」も同時に販売開始する。

「MIRACLE CLUSTERPRO X」は、NECのフェイルオーバー機能を持つHAクラスタソフトウェア「CLUSTERPRO X」とミラクル・リナックスのLinux OSを組み合わせたパッケージ製品。「MIRACLE CLUSTERPRO X 3.3」では、最新Linux OSの「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 SP1」に対応した。これにより、ユーザは利用できるハードウェアの選択肢が広がり、障害・災害時やメンテナンス時などのシステム停止において安全に業務継続を実現することが可能になった。また、シングルサーバ向けの「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 HA」においても、仮想化環境での利用など高い可用性が求められる環境での安定した運用を実現する。

価格例は、「MIRACLE CLUSTERPRO X (MIRACLE LINUX V7) 2CP」が600,000円(税別)となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
MIRACLE CLUSTERPRO X

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック