PR

Cryptsetupに脆弱性、キー長押しでrootシェルにアクセス可能

2016年11月19日(土)

Threatpostは11月15日(現地時間)、Cryptsetupに存在する脆弱性について警告を発表した。

この脆弱性は、Cryptsetupが組み込まれたシステムにおいて、OS起動時に70秒程度Enterキーを押し続けるだけでrootシェルにアクセスできるようになってしまうというもの。Cryptsetupは、暗号化されたファイルシステムを扱うためのユーティリティで、Debian GNU/LinuxやUbuntuなど多くのLinuxディストリビューションで採用されている。

この脆弱性はリモートからは悪用される恐れはないものの、公共の場所で使われてるLinuxなどでは特に注意が必要としている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Threatpostの記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック