PR

Google、3Dグラフィックデータ向け圧縮技術「Draco」を発表

2017年1月17日(火)

Googleは1月13日(現地時間)、3Dグラフィックデータ向けの圧縮技術「Draco」を発表した。

「Draco」は、3Dグラフィックのデータを保存・伝送する際に利用するデータ圧縮技術。ZIPより高い効率でデータが圧縮でき、データ伝送の高速化・効率化が図られる。例えばメッシュファイルの圧縮は100MB程度のファイルをZIP形式で圧縮すると約30MBになるのに対し、Dracoでは10MB以下になるという。また、視覚面なども犠牲になるがないという。

「Draco」は、Apache Licenseの下、GitHubで公開される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

Google、3Dグラフィックデータ向け圧縮技術「Draco」を発表 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。