PR

Seclist、Linuxカーネルに存在する脆弱性に関する記事を発表、10年以上潜在していた可能性も

2017年2月27日(月)

Seclistsは2月22日(UTC)、Linuxカーネルに存在している脆弱性に関する記事を発表した。

この脆弱性は、DCCPダブルフリーの脆弱性(CVE-2017-6074)。この脆弱性を悪用されることによって、本来は許可されていないプロセスからカーネルコードを実行される恐れがある。修正パッチは既に適用されており、Linuxユーザは自力でパッチを適用するか、ベンダーから提供されるアップデートを適用する必要がある。

なお、この脆弱性は「Linux 2.6.14」で発生したと考えられるという。この仮定が正しいとすると、10年以上に渡って潜在していた脆弱性となる。このため、古いバージョンのカーネルを利用しているユーザもアップデートが必要となる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
記事本文

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

Seclist、Linuxカーネルに存在する脆弱性に関する記事を発表、10年以上潜在していた可能性も | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。