PR

Microsoft、「Visual Studio 2017」正式版リリース

2017年3月8日(水)

 Microsoftは3月7日(現地時間)、統合開発環境「Visual Studio 2017」をリリースした。

「Visual studio 2017」は、C#、Visual Basic、.NETなどによるアプリケーション開発、Unityによるゲーム開発、AndroidおよびiOS向けアプリ開発、JavaScript/TypeScript/ASP.NETによるクラウド・Webアプリの開発、Mac OS XおよびLinux向けアプリ開発などに幅広く対応している。

 Microsoftは同時に、Mac OS向け開発環境「Visual Studio for Mac Preview 4」、チーム開発環境「Visual Studio Team Foundation Server 2017 Update 1」などもリリースしているほか、「Visual Studio Mobile Center preview」のアップデートも提供開始している。

 「Visual Studio 2017」は、Community/Professional/Enterpriseの3つのエディションが提供されており、Windows 10/8.1/7、Windows Server 2016/2012 R2に対応している。「Visual Studio 2017」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Happy Anniversary, Visual Studio!

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る