PR

Microsoft、「Visual Studio 2017」正式版リリース

2017年3月8日(水)

 Microsoftは3月7日(現地時間)、統合開発環境「Visual Studio 2017」をリリースした。

「Visual studio 2017」は、C#、Visual Basic、.NETなどによるアプリケーション開発、Unityによるゲーム開発、AndroidおよびiOS向けアプリ開発、JavaScript/TypeScript/ASP.NETによるクラウド・Webアプリの開発、Mac OS XおよびLinux向けアプリ開発などに幅広く対応している。

 Microsoftは同時に、Mac OS向け開発環境「Visual Studio for Mac Preview 4」、チーム開発環境「Visual Studio Team Foundation Server 2017 Update 1」などもリリースしているほか、「Visual Studio Mobile Center preview」のアップデートも提供開始している。

 「Visual Studio 2017」は、Community/Professional/Enterpriseの3つのエディションが提供されており、Windows 10/8.1/7、Windows Server 2016/2012 R2に対応している。「Visual Studio 2017」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Happy Anniversary, Visual Studio!

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック