PR

エンバカデロ、統合開発環境「RAD Studio 10.2 Tokyo」を発表

2017年3月21日(火)

エンバカデロ・テクノロジーズは3月15日、統合開発環境「RAD Studio 10.2 Tokyo」を発表した。

 「RAD Studio」は、Windows、Mac、iOSおよびAndroid向けのクロスプラットフォーム対応統合開発環境。DelphiおよびC++によるRapid Application Development(RAD)開発を行うことができ、複数のプラットフォームに対応したアプリケーションを構築することができる。

 「RAD Studio 10.2 Tokyo」では、Windows・Linux間のクロス開発が可能になるように、Linuxにおけるサーバサイドアプリケーション開発およびLinux向けのビルドができるようになった。また、モバイルアプリケーションとバックエンドを接続する中間サーバ機能を構築する「RAD Server」が強化されるなど、さまざまな強化が施されている。

「RAD Studio 10.2 Tokyo」の出荷開始は3月28日。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース
RAD Studio

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内