PR

「OpenSSH 7.5」リリース、古い機能の削除予告も

2017年3月22日(水)

The OpenBSD Projectは3月20日(現地時間)、OpenSSHの最新版、「OpenSSH 7.5」をリリースした。

OpenSSHは、フリーなSSHプロトコルの実装。OpenBSDだけでなく、LinuxやMac OS Xなどでも広く利用されている。「OpenSSH 7.5」では、バグフィクス、セキュリティ向上が中心に施されており、またいくつかの機能の微調整が行われている。

なお、プレスリリースの中で、将来的にOpenSSHから古い暗号化機能を削除すると予告している。予定では、6月から8月頃のリリースで「SSH version 1」プロトコルへの対応が削除され、またBlowfish/RC4/RIPE-MD160 HMAC/CBCサポートも廃止される。また、1024bitよりも小さいRSA鍵が利用できなくなるとしている。

OpenSSHは、BSDライセンスの下で公開されており、OpenSSHのWebサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック