PR

オープンソースのコンパイラ「GCC 7.1」リリース、初のGCC 7系列

2017年5月9日(火)

GCCは5月2日(現地時間)、オープンソースの多言語コンパイラ 「GCC 7.1」のリリースを発表した。

GCC は「GNU Compiler Collection」の略。C、C++、Objective-C、FORTRAN、Javaなど複数の開発言語に対応しているコンパイラ。現在では、Linuxをはじめとする、さまざまなUNIX系OSで標準搭載されている。

「GCC 7.1」は、「GCC 6系列」に続く新しいメジャーリリース。初めての「GCC 7系列」となる。「GCC 7.1」では、「Reload」がデフォルトで「LRA(Local Register Allocator)」に変更されたほか、C++17の現行ドラフト仕様をサポートする、オプティマイザが強化されるなど、さまざまな改善が加わっている。

「GCC 7.1」は、ミラーサイトから無償でダウンロード・利用することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Documents

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック