PR

大流行中のランサムウェア「WannaCry」感染状況をリアルタイムに表示するマップが公開される

2017年5月17日(水)

MalwareTechは5月12日(現地時間)、世界的に流行しているランサムウェア「WannaCry」のIPアドレスの物理的位置をリアルタイムで示すトラッカーを作成し、公開した。リアルタイムの攻撃状況を示すマップなども公開されている。

「WannaCry」は5月12日に発生して以来、全世界で数十万件のコンピュータで感染が確認され、猛威を振るっている。このランサムウェアは主にWindowsの脆弱性を悪用し感染する。日本を含む全世界で猛威を振るっていることから、公共機関やセキュリティベンダーから注意が呼びかけられている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
MalwareTech

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック