PR

組み込み向けのLinuxディストリビューション「Oryx Linux 0.2.0」リリース

2017年7月8日(土)

組み込み向けLinuxディストリビューション「Oryx Linux 0.2.0」が7月5日(現地時間)リリースされた。

 「Oryx Linux」は、「Yocto」と「OpenEmbedded」を組み合わせて構築されたLinuxディストリビューション。軽量コンテナランタイムエンジンを搭載しており、組み込み用途にコンテナの要素を取り込むことができる。

 「Oryx Linux 0.2.0」では、Raspberry Pi/Pi 3、qemux86(エミュレートされたもの)プラットフォーム向けシステムイメージが用意された。これによって、対応したプラットフォームにインストールすることで、インストールして即時に利用できるようになるという。軽量で、デバイスのメモリやストレージへの影響も少ないとしている。また、ゲストコンテナのサンプルとして、最小イメージとフルコマンドラインイメージの2つのイメージが用意されている。

 「Oryx Linux 0.2.0」は、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Oryx Linux

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック