PR

オープンソースのインタプリタ言語「HSP 3.5」リリース

2017年10月24日(火)

 オープンソースのインタプリタ型言語「Hot Soup Processor」(「HSP」)の最新版「HSP 3.5」をリリースした。

 「HSP」は手続き型言語であり、理解しやすく習得が容易なプログラム言語を目指して開発されている。自作のゲームやツールが手軽に作れること、物理エンジン・3Dに対応していること、マルチプラットフォームなどが特徴となっている。

 「HSP 3.5」では、新たにLinuxとRaspberry Piをサポートしたほか、IoTやプログラミング教育でも利用しやすくなるような機能が追加された。また、実行ファイル作成時のアイコン書き換え、バージョン定義、UPX圧縮などをサポートしたほか、64bit版やUTF-8版などの新しいランタイムも同梱された。ハイレベルな3D表現を可能にするHGIMG4プラグインも大幅に更新されている。

 HSP3開発セット及びHSPTVブラウザ、 マニュアル、サンプルスクリプトが収められた「HSP3.5フルセット・インストーラー版(Windows対応)」はWebサイトからダウンロードできるほか、iOS/android/linux/html5(WebGL)上での実行をサポートするHSP3Dishもダウンロード可能。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
HSP公式サイト
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック