PR

ソニー、ディープラーニングのプログラムを生成するコアライブラリ「Neural Network Libraries」をオープンソース化

2017年7月13日(木)

ソニーは6月27日、ディープラーニングのプログラムを生成するフレームワーク「コアライブラリ:Neural Network Libraries」をオープンソース化したと発表した。これによって、プログラマーやデザイナーは無償で公開されるこのコアライブラリを使用して、人工知能を実現できるディープラーニングのプログラムを開発し、各種製品やサービスに搭載できるようになる。

ディープラーニングは、人間の脳を模倣したニューラルネットワークを用いた機械学習の一手法。このディープラーニングを従来型の機械学習に置き換えて使用することで、画像認識や音声認識の性能が近年飛躍的に向上し、ある領域では人間を超える性能も達成した。ディープラーニングは高い汎用性を備えているという特長もあり、画像認識、音声認識、機械翻訳や信号処理、ロボット制御など広範囲な対象に応用されている。従来は利用されてない領域でも新たな提案が生まれている。

コアライブラリのコアは様々なOSやハードウェアで動作するプログラミング言語「C++11」で記述されており、Linux、Windowsをはじめ多くのプラットフォームで動作する。

「Neural Network Libraries」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック