PR

NRIセキュア、「サイバーセキュリティ傾向分析レポート2017」において最新のセキュリティリスクを指摘

2017年8月2日(水)

NRIセキュアは7月27日、顧客企業に提供した情報セキュリティ対策サービスを通じて蓄積したデータを元に、最新の動向分析と推奨する対策を、「サイバーセキュリティ傾向分析レポート2017」としてまとめ、発表した。

発表によると、今回のレポートで注目される点は次の3点。

○セキュリティ対策が十分でないIoT機器への攻撃が大幅に増加
○HTTPS通信(暗号化通信)への移行が加速する一方、新たな問題が浮上
○企業Webサイトのうち、4割が容易に攻撃可能な状態

1点目については、NRIセキュアが提供するマネージドセキュリティサービスにおいて、2016年度中にファイアウォールでブロックした通信(全標本数22.6億件)のうち、48.1%(10.9億件)が遠隔操作に用いられるtelnetポートへの通信だったとしている。2点目では、 「FNCセキュアインターネット接続サービス」において、Webアクセスに関するログ(調査対象企業数20社)を集計したところ、HTTPS通信の割合が2016年4月の19%程度から、2017年3月には40%にまで増加しているとしている。3点目は、世界中に点在している顧客企業に関連するWebサイトを探索し、棚卸しするサービス「Webサイト群探索棚卸サービス GR360」で、NRIセキュアが2016年度に調査したWebサイト(全標本数4,039サイト)のうち、4割が容易に攻撃される可能性があるとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
記事本文

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

NRIセキュア、「サイバーセキュリティ傾向分析レポート2017」において最新のセキュリティリスクを指摘 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。