PR

脆弱性の修正が施された「Ruby 2.4.2/2.3.5/2.2.8」リリース

2017年9月15日(金)

プログラミング言語Rubyに重大な脆弱性が発見された。9月14日、この脆弱性を修正した「Ruby 2.4.2/2.3.5/2.2.8」がリリースされた。

今回発見された脆弱性は、Ruby の標準添付ライブラリである「WEBrick」で BASIC認証を使用した場合、攻撃者によって悪意のあるエスケープシーケンスをログに挿入されうるというもの(CVE-2017-10784)。悪用されると、悪意のあるエスケープシーケンスをログに挿入することが可能となり、管理者がログを閲覧する際に、端末エミュレータで危険な制御文字を実行される危険がある。Rubyのユーザは早急にアップグレードを施すことが強く推奨される。

「Ruby 2.4.2/2.3.5/2.2.8」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック