PR

IBM、Linux専用エンタープライズ向けサーバ「LinuxONE Emperor II」を発表

2017年9月18日(月)

 IBMは9月12日(現地時間)、Linux専用エンタープライズ向けサーバ「IBM LinuxONE Emperor II」を発表した。

 「LinuxONE」シリーズは、2015年に提供開始された、オープンソースとメインフレームのメリットを生かして、高レベルのセキュリティとエンタープライズ向けの大規模なデータ・サービス提供やトランザクション処理に調整されたシステム。「LinuxONE Emperor II」では、セキュリティシステム「IBM Secure Service Container」を搭載している。このシステムは、データ・プライバシー機能とセキュリティ機能を大幅に向上する独自の技術。権限の高い資格情報を有するユーザやユーザの資格情報を入手したハッカーからのシステム・レベルの社内の脅威に対してもデータを保護できるようになるという。また、開発者は、セキュリティ機能を活用するために、コード内で専有機能に依存せずにすむというメリットもある。

 また、「LinuxONE Emperor II」は、バーティカル・スケール、Shared-Everything方式のシステム設計により、1台のシステムで1つのMongoDBインスタンスを17TBまでスケールアップ可能となり、追加メモリを使用することで、Emperor Iと比較してスループットを2.4倍、レイテンシーを2.3倍向上させることができる。またx86と比較して、最大2.6倍のJavaパフォーマンスを実現し、搭載されている統合管理機能を利用することによって最大200万のDockerコンテナまでスケール・テスト済みのDocker EE用Docker認定インフラストラクチャーを提供sる。開発者は、レイテンシーやスケールに制約されることなく、高性能アプリケーションを作成したり、マイクロサービス・アーキテクチャーを利用することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る