PR

Gitリポジトリ管理ソフトウェア「GitLab 10.0」リリース

2017年9月28日(木)

GitLab.orgは9月22日(現地時間)、オープンソースのGitリポジトリ管理ソフトウェア「GitLab 10.0」をリリースした。

「GitLab」は、Ruby on Railsで実装された、GitHubライクのユーザインタフェースを持つGitリポジトリ管理ウェア。Webブラウザから操作でき、リポジトリの操作、管理を行うことができる。Ruby on RailsおよびGitアクセス管理ツール「Gitolite」をベースとして動作することにより、GitHubとほぼ同じ機能を、ユーザが管理するサーバ上で利用できるようになる。

「GitLab 10.0」では、「Auto DevOps」が採用されている。この機能によって、ビルド、テスト、レビュー、実装などの作業が単一の環境で設定できるようになった。その他にも機能、複数の機能強化および不具合の修正が施されている。

「GitLab 10.0」は、GitLabのWebサイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る