PR

InfoWorld、年次アワード「The Best of Open Source Software Awards(Bossies) 2017」を発表

2017年10月5日(木)

InfoWorldは9月27日(現地時間)、年次アワード「The Best of Open Source Software Awards(Bossies) 2017」を発表した。

今年は機械学習ツール部門が加わり合計5部門から合計67のプロジェクトが選ばれている。

 「Bossies」は、InfoWorldの編集者らが選ぶオープンソースの年次アワード。今年は「開発ツール部門」「機械学習ツール部門」「クラウドコンピューティング部門」「データベース・アナリティクスツール部門」「ネットワーキング・セキュリティソフトウェア部門」の5つの部門に分かれて発表された。

 「開発ツール部門」では、「Go」「Rust」「TypeScript」「Clojure」「.NET Core」「Visual Studio Code」などが選ばれたほか、「React Native」「Enzyme」などが選ばれた。

「機械学習ツール部門」では、「Apple Core ML」「TensorFlow」「Cognitive Toolkit」「Synaptic」「Scikit-learn」「Caffee2」「H2O」「PyTorch」「XGBoost」「GNU Octave」「Apache MXNet」などが選ばれた。

「クラウドコンピューティングツール部門」では、「Docker」「Kubernetes」「Kops」「Moby and LinuxKit」「HashiCorp Terraform」「OpenFaaS」「Envoy」「Jaeger」「Linkerd」「Zipkin」「Awless」が選ばれた。

「データベース・アナリティクスツール部門」では、「Apache Spark」「Apache Kafka」「Apache Arrow」「Apache Kudu」「R(Microsoft)」「CockroachDB」などが選ばれた。

「ネットワーキング・セキュリティ部門」では、「Signal」「Privacy Badger」「Aardvark」「Phinn」「IsThisLegit」などが選ばれた。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック