PR

Linuxを標的とするマルウェア「Ebury」の新バージョンが発見

2017年11月4日(土)

ESETは10月30日(現地時間)、Linuxを標的とするマルウェア「Linux/Ebury」の新しいサンプルを発見したと発表した。

「Linux/Ebury」は、2014年2月に初めて発見された、OpenSSHにバックドアを仕掛けてLinuxの認証情報を不正に取得するマルウェア。Linux/Eburyは「Operation Windigo」という活動に悪用しているとみられるという。Linux/Eburyは自身を隠蔽する能力が高く、発見が難しい。

Linux/Eburyはkernel.orgやcPanelなども被害に遭った実績がある。今回発見された新しいサンプルを解析したところ、従来型のものより機能が増えており、また現在でもOperation Windigoによるアカウント情報の窃取活動が続いていることから、ESETは注意を呼び掛けている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

Linuxを標的とするマルウェア「Ebury」の新バージョンが発見 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。