PR

ESET、GitHubを利用するオープンソースプログラマーを狙った標的型攻撃を発見、注意喚起

2017年4月4日(火)

ESETは3月30日(現地時間)、GitHubを利用するオープンソースプログラマーを狙い、トロイの木馬に感染させようとする標的型攻撃を確認したと発表した。

今回の発表では、何者かがGitHubユーザにメールを送り付け、トロイの木馬を不正に仕込もうと試みているという。攻撃に使われるメールは、プログラミングの仕事を依頼するような内容だという。メールにはアーカイブ形式の添付ファイルがついており、その中のWordドキュメントにマルウェアが仕掛けてあるという。

ESETは、GitHubを利用しているオープンソースのプログラマーに対して注意を呼び掛けている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック