PR

「Fedora 27」 リリース

2017年11月17日(金)

Fedora Projectは11月14日(現地時間)、Linuxディストリビューション「Fedora 27」をリリースした。

「Fedora 27」では、カーネルにLinux 4.13が採用されているほか、32bit UEFIのサポート、コンテナ技術を応用したアプリケーション配布システム「Flatpak」も実装された。その他glib 2.26、Go 1.9、Perl 5.26など新しいバージョンの開発向け言語サポートが進んだほか、搭載されているパッケージのアップグレード、安定性の強化などが施されている。

「Fedora 27」では、アプリケーションとディストリビューションの開発サイクルを分離する「モジュラー化」が進められた。これにより、今後はアプリケーションスタックの更新を進めつつ、後方互換性を保つことができるようになるという。なお、モジュラー化の成果を取り込んだサーバ向けベータリリースが「Fedora 27 Modular Server Beta」としてリリースされている(正式公開は約1ヶ月後の予定)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック