PR

ペネトレーションテスト・エシカルハッキング向けLinuxディストリビューション「Kali Linux 2017.3」リリース

2017年11月23日(木)

 ペネトレーションテスト向けLinuxディストリビューション「Kali Linux 2017.3」が11月21日(現地時間)、リリースされた。

 「ペネトレーションテスト」は、ネットワークに接続されているコンピュータに対して侵入を試みることによってシステムに脆弱性がないかをテストするテスト。「Kali Linux」はDebian GNU/Linuxをベースとし、ペネトレーションテストやエシカルハッキング(破壊目的でないハッキング)機能を多数搭載したLinuxディストリビューション。

 「Kali Linux 2017.3」はカーネルに「Linux 4.3.10」を採用、デフォルトにおけるCIFSのSamba 3.0への対応、TLSサポート統合などが加わっている。また、階層型ノート機能「CherryTree」ツールが追加されるなど複数の機能が追加されたほか、不具合も修正されている。

 「Kali Linux 2017.3」はISOイメージのほかVirtualBox、VMWare、Hyper-Vなどに向けた仮想マシンイメージがWebサイトに公開されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

ペネトレーションテスト・エシカルハッキング向けLinuxディストリビューション「Kali Linux 2017.3」リリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。