PR

Red Hat、「Red Hat OpenShift Container Platform 3.7」を発表

2017年11月24日(金)

 Red Hatは11月16日(現地時間)、コンテナアプリケーションプラットフォーム「Red Hat OpenShift Container Platform 3.7」を発表した。

 「Red Hat OpenShift Container Platform」はDockerやKubernetesをベースとしたコンテナアプリケーションプラットフォーム。「Red Hat Enterprise Linux」をOSとし、コンテナ技術およびその関連技術が搭載されている。

 「Red Hat OpenShift Container Platform 3.7」では、Amazon Web Services(AWS)との統合が進められており、AWSのパブリッククラウドに直接アクセスできるようになりAWSの設定やデプロイができるようになった。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック