PR

Red Hat、「Red Hat OpenShift Container Platform 3.7」を発表

2017年11月24日(金)

 Red Hatは11月16日(現地時間)、コンテナアプリケーションプラットフォーム「Red Hat OpenShift Container Platform 3.7」を発表した。

 「Red Hat OpenShift Container Platform」はDockerやKubernetesをベースとしたコンテナアプリケーションプラットフォーム。「Red Hat Enterprise Linux」をOSとし、コンテナ技術およびその関連技術が搭載されている。

 「Red Hat OpenShift Container Platform 3.7」では、Amazon Web Services(AWS)との統合が進められており、AWSのパブリッククラウドに直接アクセスできるようになりAWSの設定やデプロイができるようになった。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る