PR

「Apache Hadoop 3.0.0」リリース

2017年12月15日(金)

Hadoop Projectは12月14日(現地時間)、分散処理フレームワーク「Apache Hadoop 3.0.0」をリリースした。

「Hadoop」は、大規模データを処理する際、複数のマシンに分散して処理するオープンソースのフレームワーク。処理を記述するプログラミングモデル「MapReduce」と、MapReduceで処理するデータを扱う分散ストレージ「HDFS」からなる。

「Hadoop 3.0.0」は、新しい系列「3.0系列」における初のリリース。「Hadoop 3.0.0」では、HDFSにおいてレプリケーションに代わる冗長化施策「Erasure Coding」がサポートされたほか、「YARN Timeline Service 2.0」を実験的に導入するなど、多数の機能強化および改善、バグフィクスなどが施されている。また、「Java 7」のサポートが打ち切られ、「Java 8」が必須となった。

Hadoopは、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Apache Hadoop 3.0

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック