PR

オープンソースのコンパイラGCCの最新版「GCC 7.3」リリース

2018年1月28日(日)

GCCは1月25日(現地時間)、オープンソースの多言語コンパイラ 「GCC 7.3」を正式にリリースした。

GCC は「GNU Compiler Collection」の略。C、C++、Objective-C、FORTRAN、Javaなど複数の開発言語に対応しているコンパイラ。現在では、Linuxをはじめとする、さまざまなUNIX系OSで標準搭載されている。

GCC 7.3は、GCC 7系列の最新アップデートリリース。CPU脆弱性「Spectre」に関連するセキュリティフィクスや、「Spactre」を緩和するGoogleのRetpolineパッチのバックポートをサポートするなど、複数のセキュリティフィクス、99件を超えるバグフィクスが施されている。

GCC 7.3は、ミラーサイトから無償でダウンロード・利用することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る