PR

フロントエンドWebアプリケーションフレームワーク「Bootstrap 4」リリース

2018年1月27日(土)

フロントエンドWebアプリケーションフレームワーク「Bootstrap 4」が1月18日(現地時間)、リリースされた。

「Bootstrap」はWebサイトやWebアプリケーションを作成するフロントエンドWebアプリケーションフレームワーク。 タイポグラフィ、フォーム、ボタン、ナビゲーション、JavaScript用拡張、その他の構成要素がデザインテンプレートとして含まれている。主要なブラウザと互換性があり、WebサイトやWebアプリケーションの基本情報がすべてのデバイスやブラウザで利用できるよう「部分的互換性」という概念を採り入れている。

「Bootstrap 4」では、グリッドがレイアウトモジュールFlexboxがデフォルトとなったほか、モバイルデバイス向け用途に新しいグリッド層を追加するなど、複数の機能向上が施されている。一方で、IE8/9、Safari 8以前、iOS 8以前のサポートが削除されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

フロントエンドWebアプリケーションフレームワーク「Bootstrap 4」リリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。