PR

Gitリポジトリ管理ソフトウェア「GitLab 10.5」リリース

2018年2月28日(水)

GitLab.orgは2月22日(現地時間)、オープンソースのGitリポジトリ管理ソフトウェア「GitLab 10.5」をリリースした。

「GitLab」は、Ruby on Railsで実装された、GitHubライクのユーザインタフェースを持つGitリポジトリ管理ウェア。Webブラウザから操作でき、リポジトリの操作、管理を行うことができる。Ruby on RailsおよびGitアクセス管理ツール「Gitolite」をベースとして動作することにより、GitHubとほぼ同じ機能を、ユーザが管理するサーバ上で利用できるようになる。

「GitLab 10.5」では、SL/TLSの設定を自動化する機能が採り入れられた。これによって、HTTPSを利用したトラフィック暗号化が利用できるようになった。また、コミュニティ版ではGit LFS 2で導入したファイルのロック機能が利用可能となるなど、複数の機能強化が施されている。

「GitLab 10.5」は、GitLabのWebサイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック