PR

PaaS、CaaS、FaaSを1つのパッケージで提供するプラットフォーム「Pivotal Cloud Foundry 2.0」を国内提供開始

2018年3月11日(日)

Pivotalは3月8日、アプリケーションプラットフォーム「Pivotal Cloud Foundry 2.0」の国内提供開始すると発表した。

「Pivotal Cloud Foundry 2.0」では、従来から提供されていたPaaS機能に加え、Container as a Service(CaaS)を備えたほか、2018年中にはFunction as a Service(FaaS)機能にも対応する予定だという。
 
 「Pivotal Cloud Foundry 2.0」では、オーケストレーションツール「BOSH」、ネットワーク仮想化「VMware NSX-T」、ユーザ認証機能などを提供する「Credhub」を中心としたセキュリティ機能、「Open Service Brokers」などのサービス機能を共通基盤としている。BOSHがインフラレイヤーを抽象化し、VMware環境やOpenStack、Azure、AWS、GCPなどのインフラ上でのPCFの稼働を実現させている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Pivotal Cloud Foundry

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック