PR

コンパイラ基盤「LLVM 6.0」リリース

2018年3月10日(土)

LLVM Developer Groupは3月8日(現地時間)、「LLVM Compiler Infrastructure(LLVM)6.0」をリリースした。

LLVM(Low Level Virtual Machine)は、コンパイル時、リンク時、実行時など、さまざまな時点でプログラムを最適化するよう設計された、さまざまなプログラミング言語を網羅しているコンパイラ基盤。仮想マシンをターゲットとした中間言語を生成し、その仮想マシンに向けたコードを特定のコンピュータに最適なコードに変換する。この作業は言語・アーキテクチャの双方から独立しているため、様々な言語およびアーキテクチャに対応できる仕組みになっている。

「LLVM 6.0」では、Googleが提供するCPU脆弱性「Meltdown」と「Spectre」への対策「Retpoline」をサポートしたほか、スケジューラーモデルの改善、「llvm::sys::ExecuteAndWait」「llvm::sys::ExecuteNoWait」におけるRedirects引数がArrayRefへ変更されるなど複数の変更が加わっている。

「LLVM 6.0」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック