PR

オージス総研、統合認証パッケージ「ThemiStruct Identity Platform」のLinux対応版リリースを発表

2018年3月11日(日)

オージス総研は3月7日、統合認証パッケージ「ThemiStruct Identity Platform」のLinux対応版リリースを発表した。

「ThemiStruct Identity Platform」は、クラウド、オンプレミスの両方で複数のサービス間での認証情報の連携を実現する統合認証パッケージ。標準化されたAPIをサポートし、IDの連携を容易に実現する。Linux対応版のリリースにより、様々なクラウドサービスや保有するデータセンターなどプラットフォームの制約に囚われることなくThemiStruct Identity Platformを運用することが可能となり、安全に、素早く、簡単に、ビジネス基盤拡大や新たなサービス創出を行うことができるようになる。

最新の「ThemiStruct Identity Platform」の特徴は以下の通りです。

〇多彩な認証方式に対応・・・ID/パスワード、ワンタイムパスワード、指静脈認証、アクセス元IPなどの複数の認証方式に対応、これらを組み合わせた多要素認証が可能
〇認証・ID連携の標準技術に対応・・・OpenID Connect、OAuth、 SAML といった標準技術に対応。これらの技術に対応する多彩なアプリ、クラウドサービスとの接続、シングルサインオンを実現
〇API連携認証システムとしての機能を提供・・・FinTech、IoTなどで対応が必要となるAPI公開に必要な認証・認可システムとして利用可能。金融向けを中心に検討・策定が進められている技術標準やベストプラクティスにも適合
〇複数のプラットフォームで稼働・・・AWSマネージドサービスに加え、各種Linux環境に設置可能

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
製品情報

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック