PR

NTTデータ先端技術、エンタープライズ環境でHinemos 6.1の利用を支援するサービス

2018年3月28日(水)

NTTデータ先端技術は3月27日、オープンソースの統合運用管理ソフトウェア「Hinemos 6.1」のサブスクリプションモデルを4月1日より販売開始すると発表した。

 「Hinemos」はオープンソースソフトウェアとしてGitHubで公開されているため、誰でも無償で利用できる。一方、Hinemosをエンタープライズ環境で利用するためには、Hinemosの製品保守サポートや個別のオプション機能を、エンドユーザーまたはシステムインテグレーターが判断して導入する必要があった。

 「Hinemosサブスクリプション」では、用途別にエンタープライズ環境で利用するために必要なソフトウェア、修正パッチなどのアップデート、エンジニア育成のためのトレーニング、および製品保守サポートの権利をまとめて提供する。これにより、エンタープライズ環境へのHinemos導入が容易になる。

 「Hinemos 6.1」に対応したサブスクリプションでは、従来提供している「ソフトウェア」「アップデート」「トレーニング」「サポート」に加え、ITSM製品と連携する「インシデント管理連携ツール」や有償セミナーの無料招待チケットなどが付属している。

 価格は年間80万円(税別)から。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る