PR

Intel、モバイルPC向け6コアCPU「Core i9」を発表

2018年4月4日(水)

 Intelは4月3日(現地時間)、第8世代Coreシリーズプロセッサの中で、モバイルPC向けプロセッサとしては初めての「6コア・12スレッド」となる「Core i9-8950HK」を発表した。

「Core i9-8950HK」は、ベースクロック2.9GHz、最大クロック4.8GHz、TDP 45WのCPU。新しいオートクロックアップ技術「Thermal Velocity Boost(TVB) Technology」が採用されている。第7世代Coreと比較して、ゲームのFPSで最大41%、配信と録画で最大32%、4K動画編集で最大59%、総合的に最大29%のパフォーマンス向上を実現したという。

 また、Intelは第8世代Coreとストレージ高速化用のキャッシュSSD「Optane Memory」を組み合わせたシステムをIntel Coreプラットフォームの拡張「Core i+」として推進することも発表した

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースルーム

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック