PR

Intel、第8世代Core iプロセッサ「Kaby Lake-G」シリーズを発表

2018年1月8日(月)

Intelは1月7日(現地時間)、第8世代Core iプロセッサ「Kaby Lake-G」シリーズを発表した。

今回発表されたプロセッサはノートPC向けの「Core i7-8809G」、「Core i7-8709G」、「Core i7-8706G」、「Core i7-8705G」、「Core i5-8305G」モデル。AMDのRadeon GPUが統合されていることが特徴となっている。

今回発表されたプロセッサはすべて4コア・8スレッドとなっており、GPUはCPUと同じダイに搭載されることによって占有面積が減少しており、対熱性能も向上している。

ベンチマークテストでは、「Core i7-8705G(Vega M GL)」を搭載したノートPCは、「Core i7-8550U」と「GeForce GTX 1050」を搭載したノートPCに比べて最大1.4倍の性能を記録したという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
製品情報
newsroom

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック