PR

日本IBM、クラウドコンピューティングに最適なメインフレームを発表

2018年4月24日(火)

日本IBMは4月10日、クラウドコンピューティングに最適なメインフレーム 「IBM z14 Model ZR1」および「IBM LinuxONE Rockhopper II」を発表した。

「IBM z14 Model ZR1」および「IBM LinuxONE Rockhopper II」は、データセンターやプライベートクラウド環境に簡単に配備できる業界標準の19インチシングルフレームデザインが特徴であり、従来機種と比べキャパシティ、性能、メモリ、およびキャッシュなどシステムのほぼ全てにおいて性能の向上が図られている。一方で設置スペースは40%削減されている。統合管理機能を持つDocker Enterprise Editionが稼働することをDockerに認定されており、最大330,000のDockerコンテナが動作することが検証済みだという。これにより、開発者はレイテンシーや規模の制約を受けることなく高性能アプリケーションを作成し、マイクロサービス・アーキテクチャーを採用できるとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

日本IBM、クラウドコンピューティングに最適なメインフレームを発表 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。