PR

オープンソースのマルチメディアライブラリ「FFmpeg 4.0」リリース

2018年4月23日(月)

FFmpeg.orgは4月20日(現地時間)、マルチメディアライブラリ「FFmpeg 4.0」をリリースした。

「FFmpeg」は、音声・動画のエンコードおよびデコード、フォーマット変換、ストリーミング配信などの機能を持つライブラリ。ライブラリの他、ストリーミングサーバffserver、プレーヤーffplayなどのツールが同梱されている。

「FFmpeg 4.0」では、Bluetoothオーディオで利用するコーデック「aptX」および「aptX HD」向けのエンコーダーとデコーダーを新たに採用したほか、フィルターの改善、「NVIDIA NVDEC」によるハードウェアアクセラレーションがサポートされるなど、複数の機能強化が施されている。なお、本バージョンからWindows XPはサポート対象から外れている。

FFmpegは、GPLおよびLGPLの下で公開されている、オープンソースのライブラリ。ソースコード、rpmパッケージ、Windows向けパッケージなどが用意されており、Webサイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
FFmpeg.org

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

オープンソースのマルチメディアライブラリ「FFmpeg 4.0」リリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。