PR

オープンソースのCMS「Drupal」に極めて重要なセキュリティ修正、既に攻撃も確認

2018年4月29日(日)

drupal.orgは4月25日(現地時間)、オープンソースのCMS「Drupal」に極めて重要なセキュリティ修正を行ったと発表した。

「Drupal」は、当初はBBSシステムとして開発されたシステム。PHPで実装されており、ApacheやIISで動作する。動作にはMySQL、PostgreSQL、MongoDBなどのRDBMSが必要。Drupalはユーザ管理、レイアウトカスタマイズ、ブログ作成システム、フォーラムなどCMSの基本的な機能をカバーしている。

今回の発表では、Drupal 7.xおよび8.xにリモートコード実行の脆弱性が存在しており、悪用されるとDrupalを利用したサイトが制圧される恐れがあるという。今回の脆弱性の重要度は「Highly Critical」となっており、また、今回の脆弱性を悪用した攻撃が既に確認されているという。これらの脆弱性を修正した「Drupal 7.59/8.4.8/8.5.3」がリリースされており、Drupalのユーザは速やかにアップデートを施す必要がある。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

オープンソースのCMS「Drupal」に極めて重要なセキュリティ修正、既に攻撃も確認 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。