PR

「RHEL 7.5」ベースの「CentOS 7(1804)」リリース

2018年5月11日(金)

The CentOS Projectは5月10日(現地時間)、Red Hat Enterprise Linux 7.5をベースとしたクーロンOS「CentOS 7(1804)」を正式リリースした。対応アーキテクチャはx86_64。

「CentOS 7(1804)」というバージョンナンバーは、CentOS 7がローリングリリースの一環となっているため。「CentOS 7(1804)」では、ストレージの省スペースを図る「Virtual Data Optimizer(VDO)」などの機能が新たに加わったほか、OpenSCAPとRed Hat Ansible Automationの統合など、数多くの新機能が加わっているほか、バグも多数修正されている。

インストールメディアは、CD-ROMおよびDVD-ROMイメージ。インストールメディアのISOイメージは、ミラーサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
The CentOS Project
リリースアナウンス(英語)
リリースノート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック